ワンランク上のモバイルサイトに対応

WebRelease はワンソースマルチデバイス配信が可能です

モバイルデバイスのユーザが着実に増え続けるなか、今後モバイルサイトの重要性が急速に増してゆくことは間違いないでしょう。日々モバイルでさまざまなアプリやサービスを使いこなしているユーザは、企業のモバイルサイトにも操作しやすく素早く情報を得られる洗練された UI/UX を期待しています。そうしたユーザをしっかりと獲得するためには、従来にもまして踏み込んだモバイル対応が急務です。

しかしPC、スマホ、タブレットの各サイトを個別に運用していたのでは、手間も時間もコストも倍増してしまいますし、レスポンシブWebデザインであらゆるデバイスに対応することも、現状ではまだ課題が多々残っています。

WebRelease ならマルチデバイス配信とレスポンシブWebデザインを組み合わせることで、ワンランク上のモバイルサイトを構築することができます。

マルチデバイス配信+レスポンシブWebデザインで
モバイル向けUI/UXを最適化

WebRelease は、一度のコンテンツ入力で各デバイス向けサイトへコンテンツを同時配信するといった、ワンソース・マルチユースが可能です。承認や公開/公開終了の管理も一本化されるので、Web担当者の負荷が倍増することなく複数デバイスのサイトを運用することができます。

レスポンシブWebデザインでPCとモバイル共用のサイトを構築するのではなく、マルチデバイス配信の機能を使ってサイトを分けることで、単なるレイアウトの変更だけではない、それぞれのデバイスに特化したUI/UXを構築することができます。デバイスごとにコンテンツを出し分けたり差し替えたりすることも可能です。またPCサイトはそのままに、モバイルサイトだけを改善できるといった、メンテナンス上のメリットも得られます。

マルチデバイス配信とレスポンシブ Web デザインのメリット・デメリットは?

下表をご参照ください。

WebRelease のマルチデバイス配信 一般的なレスポンシブ Web デザイン
ソースの一元化 テンプレートにデバイスごとのソース雛形が必要。 ワンソースでPC、タブレット、スマートフォンに対応できる。
デザイン・UXの最適化 個別にテンプレートを作成するため、各デバイスに最適化できる。 デザインや構造に制約が生じ、すべてに最適化することは困難。いずれかのデバイスに寄ったものになる場合が多い。
実装のしやすさ 対象のデバイスをいくつかに分類できるので実装しやすい。デバイスごとに作業を分担できる。 対応するすべてのデバイスに関する知識・技術が求められるので難易度が高い。大規模サイトでは確認〜修正に手間がかかる。
メンテナンス性 デバイス毎なのでメンテナンスしやすい。PCサイトはそのままで、スマホサイトだけを改修するといったことが容易。 コーディングが複雑なためメンテナンス性は低い。特定のデバイスだけをリニューアルすることができない。
コンテンツの一元化 可能 可能
コンテンツ差分 テンプレートの実装次第で、出し分けや差替えが可能。 JavaScriptやCSSで表示・非表示をコントロールできるが実装は煩雑。
データの読み込み 各デバイスサイトごとにコンテンツを配信するので、無駄なデータを読み込むことがない。 CSSで隠しているだけでは読み込みに時間がかかるページが発生する場合がある。
ソーシャルメディア対応 URLは異なるがページ構成はどのサイトも同じにできるので、デバイスを判別して適切なページを表示することができる。 どのデバイスも同じURL・同じページを参照するのでシェアされやすい。
対象デバイス デバイスごとにソースを記述するので、多種多様なデバイスに対応できる。 PC、タブレット、スマートフォン。古いIEやケータイは対応不可能。
導入のしやすさ PCサイトは現状のままで、スマホサイトを新規に構築するといったことが可能。PCサイトで得たノウハウを捨てずにスマホに対応できる。 現状のPCサイトは一旦捨て、あらたにレスポンシブWebデザインのサイトを構築。Mobile First(Only?)のサイト向き。

ウェブサイト以外にもコンテンツを配信することはできますか?

できます。WebReleaseで生成するコンテンツのデータ形式に制約はないので、 スマートフォンアプリの内部データの更新や、デジタルサイネージやデータ放送への送信など、さまざまな応用事例があります。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード