ユーザ一括登録:登録編

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

Version 2.70 では、CSV ファイルを使ってユーザの一括登録、一括属性設定、一括削除、ができるようになっています。定期的な人事異動などに伴う登録情報の更新時などに便利にご利用いただけるようになりました。

ここでは、最初にユーザの一括登録についてご紹介します。

登録に使用する CSV ファイルの準備

ユーザの一括登録を行なう場合、登録するユーザに関する情報を CSV 形式のファイルで用意しておく必要があります。サンプルの CSV ファイルを添付おきますので参考にしてください。フォーマットの詳細につきましては(多少こみいっていますので)ユーザーズマニュアルを参照してください。

ユーザの一括登録

ユーザの一括登録を行なうには、ユーザ一覧画面にある「アップロード」ボタンをクリックします。このボタンが「一括登録」などの名称になっていないのは、ここからユーザ登録だけでなく、一括削除や、属性の一括設定も行なえるからです。

アップロードボタンをクリックすると CSV ファイルのアップロードを行なうためのパネルが表示されます。

  • 「登録するCSVファイル」欄に、準備しておいた CSV ファイル(この例ではサンプルの UserReg.csv)を指定します。
  • 「エンコーディング」欄には、CSV ファイルのエンコーディングを指定します。最近では UTF-8 以外を使用する機会は少なくなりました。
  • 「オプション」欄を適切に指定します。先ほど例として添付した UserReg.csv は1行目にコメント行があるので「1 行目はコメントなので無視する」にチェックを入れておきます。

CSV ファイルとオプションの指定が終わったら画面右上の「次へ」ボタンをクリックしてください。下のスナップショットのような登録内容を確認するパネルが表示されます。

登録内容が意図したとおりなら「実行」ボタンをクリックしてください。CSVファイルの内容に従ってユーザ登録が実行されます。

まとめ

ユーザの CSV 一括登録機能を使えば、多くのユーザを効率よく登録することができます。また、ユーザの登録と同時に細かい属性の設定も行なうことができます。

  • ユーザの一括登録が実行できるのは、システム管理ユーザだけです。
  • CSV ファイルさえ準備すれば多くのユーザを一括して登録することができます。
  • 登録時にはユーザごとにアカウントの有効期限を指定して登録することができます。
  • 一括登録するユーザの中の特定のユーザをシステム管理ユーザとして登録することもできます。
  • 登録時にユーザのパスワードを指定して登録することができます。
  • ユーザ一括登録に使用したファイルを保全しておくことで、登録の履歴を管理することができるでしょう。

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

このページの記述は WebRelease 2 Version 2.70 にもとづいています。他のバージョンの WebRelease には当てはまらない場合があります。
このページの記述は予告なく変更されたり削除される場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード