ユーザ一の一括削除

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

Version 2.70 では、ユーザを一括して削除することができるようになりました。

人事移動の多い季節など、登録ユーザの情報を一括して書き換える場合などの便利です。ユーザの一括登録機能と組み合わせて効果的にご利用ください。

ユーザ一括削除の手順

ユーザの一括削除を行なうには、ユーザ一覧画面にある「一括削除」ボタンをクリックします。

「一括削除」ボタンをクリックすると、削除対象のユーザを指定するパネルが表示されますので削除したいユーザを選択してください。

  • 選択欄のチェックボックス周辺をドラッグすると、連続してチェックボックスの ON/OFF を操作することができます。チェックボックスをひとつずつクリックする必要はありません。

削除するユーザを選択したら、画面右上の「次へ」ボタンをクリックしてください。

「次へ」ボタンをクリックすると、削除対象ユーザを確認するパネルが表示されます。

削除対象ユーザに間違いがなければ、画面右上の「実行」ボタンをクリックしてください。ユーザの削除が実行されます。

まとめ

Version 2.70 からは、ユーザの一括削除ができるようになりました。

  • システム管理ユーザはそのままでは一括削除できません。システム管理ユーザ属性を外してから削除してください。
  • CSV ファイルを使ってのユーザの一括削除も行なえます。詳しくは 2.70 ユーザーズマニュアルを参照してください。

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

このページの記述は WebRelease 2 Version 2.70 にもとづいています。他のバージョンの WebRelease には当てはまらない場合があります。
このページの記述は予告なく変更されたり削除される場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード