テンプレートのWTL一括設定機能

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

WebRelease を利用していると、複数のテンプレートやコンポーネントの WTL を一斉に最新に設定したい場合があると思います。Version 2.70 からは、テンプレートの WTL を一括設定することができるようになりました。

  • テンプレートの数が増えてきている。リニューアルのタイミングでテンプレートを改修するのだが、WTL の再設定に手間がかかる。
  • WTL の設定状態を一望にできる画面が欲しい。

WTL を一括設定する

複数のテンプレートやコンポーネントの WTL を一括設定する場合、テンプレート一覧画面で画面右上にある「WTL設定」ボタンをクリックします。

WTL設定ボタンをクリックすると、下のスナップショットのような WTL 一括設定パネルが表示されます。選択欄のチェックボックスで WTL を設定したいテンプレートを選択してください。

  • WTL は任意の WTL に設定することはできません。その時点で設定されている WTL を使い続けるか、または、最新の WTL に更新するかのいずれかになります。
  • この画面を見ると、どのテンプレートにどの WTL が設定されているかを一望にすることができます。

WTL を再設定したいテンプレートを選択したら画面右上の「次へ」ボタンをクリックします。

「次へ」ボタンをクリックすると、選択したテンプレートを確認する画面が表示されます。間違いがなければ「実行」ボタンをクリックします。WTL の再設定が実行されます。

まとめ

テンプレートの WTL 一括設定機能をご紹介しました。利用機会はあまり多くないと思いますが、いざという時には便利にお使いいただけると思います。

  • ここではテンプレートのケースでご紹介しましたが、コンポーネントに対しても同じように設定を行うことができます。
  • WTL は、テンプレート改修などのタイミングでなるべく最新に再設定しておきましょう。

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

このページの記述は WebRelease 2 Version 2.70 にもとづいています。他のバージョンの WebRelease には当てはまらない場合があります。
このページの記述は予告なく変更されたり削除される場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード