その他の機能追加

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

Version 2.70 の新機能をいろいろ紹介してきましたが、ついに今回が最終回です。

今回は、今までにご紹介できなかった小さな機能追加をまとめてご紹介いたします。

パスワード管理の強化

ユーザが使用するパスワード中に含まれていなければならない、記号、英字大文字、英字小文字、数字、の最低数を指定できるようになりました。これにより、ユーザにより安全性の高いパスワードを設定するように要求することができるようになりました。

新たに設定した基準を満たさないパスワードを使用しているユーザには、次回ログイン時に基準を満たすパスワードへのパスワード変更を自動で求めます。

パスワード文字種の条件設定画面

Developer Edition を識別する表示を追加

Developer Edition の場合に操作画面の最上部にオレンジ色のバーが表示されるようになりました。これにより本番環境とテスト環境の識別がしやすくなりました。

メニューバーに表示される Developer Edition マーカー

Developer Edition の場合にはメニューバー上部がオレンジ色になります

メニューバーにはマーカーは表示されません

Developer Edition 以外ではメニューバーの表示は従来どおり黒色です

ログイン中のユーザの一覧表示

その時点でログインしているユーザの一覧を表示できるようになりました。作業中のサイトがあれば、その情報も表示されます。

ログイン履歴情報の強化

システムのログイン履歴に、ログインしたユーザの IP アドレスと User-Agent が記録されるようになりました。

ログイン履歴画面

公開開始指定時刻と公開終了指定時刻の必須入力指定

ページの公開開始指定時刻、公開終了指定時刻を、必須入力項目に指定できるようになりました。指定はテンプレートごとにおこなえます。

テンプレート設定画面

メソッドの private 指定

テンプレートやコンポーネントに定義したメソッドに対して private の指定ができるようになりました。Private 指定されているメソッドは、そのテンプレートまたはコンポーネント外からは呼び出すことができないため、そのメソッドの呼び出し元を限定することができます。これによりメソッドのメンテナンス性が向上します。

Private に指定されているメソッドには、緑色のマーカーが表示されます。

メソッド定義画面でメソッドの private 指定を行ないます

リンク要素の小さな改良

リンク要素のリンク先にページデータ型のテンプレートから作成されたページを指定できないように制限することができるようになりました。

リンク型の要素の設定画面

追加された関数

下記の関数が追加されました。詳しくはそれぞれの関数のマニュアルを参照してください。

hasElement()

hasElement() 関数は、ある要素が指定された名前の子要素をもっているかどうか調べるときに使用します。例えば、リンクや目次を経由して入手したページが、ある要素を持っているかどうか調べる時に使用します。

hasMethod()

hasMethod() 関数は、ある要素が指定された名前のメソッドをもっているかどうか調べるときに使用します。例えば、リンクや目次を経由して入手したページが、ある名前のメソッドを持っているかどうか調べる時に使用します。

fullURL()

fullURL() 関数は、与えられたオブジェクトが公開サーバ上に配信された場合の URL を返します。いろいろなオブジェクトの URL を得ることができます。

quote()

quote() 関数は与えられた文字列中の & < > " を、それぞれ & < > &quot;に置き換えます。タグの属性の値として安全に使える文字列を生成するために使用します。

jstr()

jstr() 関数は、任意の文字列を javascript の文法に沿った文字列に変換します。この関数を使えば、任意の文字列を安全に json などに組み込むことができるようになります。

parseHtml()

parseHtml() 関数は html テキストをパースして HTMLDocument オブジェクトに変換します。

previewClock()

previewClock() 関数はプレビュー時刻を返します。この関数は isPreview() が true になる状況でのみ呼び出せます。つまり、プレビュー専用のコンテンツを生成する場合にのみ利用可能です。

rtlCount()

rtlCount() 関数は文字列中に含まれるアラビア語またはヘブライ語の文字の数を数えて返します。一般的に、これらの文字からなる単語は右から左に向けて表示されます。

rtlRatio()

rtlRatio() 関数は文字列中に含まれるアラビア語またはヘブライ語の文字の比率を返します。返される値は 0 から 1 の間の数値です。

codePointAt()

codePointAt() 関数は文字列中の指定された位置の文字の Unicode Code Point を返します。

unescapeEntities()

unescapeEntities() 関数は、文字列中の文字参照、例えば & などの表記を、対応する文字に置き換えます。

追加されたオブジェクト

下記のオブジェクトが追加されました。詳しくはそれぞれのマニュアルを参照してください。

HTMLComment オブジェクト

HTMLComment オブジェクトは html 中のコメントを表すオブジェクトです。

HTMLDataNode オブジェクト

HTMLDataNode オブジェクトは html 中の style 要素や script 要素の内側の、テキスト的な部分を表すオブジェクトです。

HTMLDocument オブジェクト

HTMLDocument オブジェクトは parseHtml() 関数の実行結果として得られる、テキスト表現の html 文書をパースした結果のオブジェクト(DOM)です。パースした html から css や jquery のセレクタのような表記を使って、特定の要素を拾い出したり、また、html を加工して形を変えるなどの操作を行うことができます。

HTMLElement オブジェクト

HTMLElement オブジェクトは、parseHtml() 関数でパースした HTML 文書中の要素(タグ)を表すオブジェクトです。

HTMLElements オブジェクト

HTMLElements オブジェクトは、基本的に HTMLElement オブジェクトの配列です。

HTMLTextNode オブジェクト

HTMLTextNode オブジェクトは html 中のテキストを表すオブジェクトです。

追加された拡張タグ

下記の拡張タグが追加されました。

wr-switch wr-case wr-default

ある式を評価した結果の値によって多分岐したい場合には wr-switch wr-cond wr-default を使うと便利です。

wr-conditional wr-cond

条件に応じて多分岐したい場合には wr-conditional タグを使うと便利です。

最後に

Version 2.70 の新機能の説明はひとまず今回で終了とさせていただきます。わかりにくい部分がございましたら、お気軽に info@frameworks.co.jp までお問い合わせください。

強化された WebRelease 2.70 を採用いただき、これまで以上のサイトの運用管理の効率化と品質向上にお役立ていただければ幸いです。

WebRelease 2 Version 2.70 の新機能のご紹介

このページの記述は WebRelease 2 Version 2.70 にもとづいています。他のバージョンの WebRelease には当てはまらない場合があります。
このページの記述は予告なく変更されたり削除される場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード