Q&A

自社で WebRelease の運用はできますか?

可能です。

WebRelease の運用には特に高い IT スキルは必要ありません。一般的なサーバの運用管理ができる状況であれば何も問題ありません。RDBMS のノンストップ運用も必要としていませんし、WebRelease の運用は公開サービスの運用とは完全に分離されていますので、サーバの運用としては最も簡単な部類に属すると思います。

尚、それでも、サーバを運用する限りにおいては、下記のような作業が随時必要になる点にご留意ください。

  • サーバとして使用しているハードウェアの故障などに対応する必要があります。
  • OS のメンテナンスが必要です。セキュリティパッチなどを、随時、適用し続ける必要があります。OS ベンダーからのアナウンスにも常に気を配る必要があります。
  • WebRelease につきましても不具合修正版をリリースさせていただく場合があります。WebRelease のバージョンアップ作業は WebRelease の管理画面から GUI ベースで実行可能な簡単な物ですが、自動で実行されるわけではありませんので若干の作業が必要です。
  • 原因不明の不具合が発生した場合、その原因を見つけ出して対応する必要があります。不具合の原因はサーバ、ネットワーク、クライアントPC、外部からの攻撃、WebRelease を含む CMS 環境を構成するいずれかのソフトウェアの不具合など、多岐にわたるため、原因特定に時間がかかる場合もあります。
  • データのバックアップを確実に実行し続ける必要があります。

クラウドの利用をご検討いただくのも一案です。すべてを自社で運用管理される場合に比較し、はるかに容易に WebRelease の運用が可能になると思います。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード