Q&A

WebRelease をコマンドラインから再起動(停止)する方法は?

WebRelease を稼働させているサーバにログインし、下記のコマンドを実行することで WebRelease の起動・停止をコントロールすることができます。

Red Hat Enterprise Linux 7 以降、CentOS 7 以降 (Systemd 対応OS)

起動

# systemctl start webrelease2.service

停止

# systemctl stop webrelease2.service

再起動

# systemctl restart webrelease2.service

Red Hat Enterprise Linux 6 以前、CentOS 6 以前、 Solaris

起動

# cd /etc/init.d
# ./webrelease2 start

停止

# cd /etc/init.d
# ./webrelease2 stop

再起動

# cd /etc/init.d
# ./webrelease2 restart

OS X 10.0 (Yosemite) 以降

起動

# launchctl load /Library/LaunchDaemons/jp.co.frameworks.WebRelease2.plist

停止

# launchctl unload /Library/LaunchDaemons/jp.co.frameworks.WebRelease2.plist

OS X 10.9 (Mavericks) 以前

起動

# cd /Library/StartupItems/WebRelease2
# ./WebRelease2 start

停止

# cd /Library/StartupItems/WebRelease2
# ./WebRelease2 stop

再起動

# cd /Library/StartupItems/WebRelease2
# ./WebRelease2 restart

下記にご注意ください。

  • root で実行する必要があります。
  • 再起動時にログインしていたユーザは強制的にログアウトします。
  • 基本的に再起動はいつでも可能ですが FTP の実行中などは避けていただいた方が安心です。

WebRelease サーバ上で WebRelease 以外のアプリケーションを稼働させていないのであれば、サーバを OS ごと reboot してしまうのも簡便な方法です。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード