Q&A

公開サーバと WebRelease サーバを共存させることはできますか?

一般的な構成としましては、公開サーバと WebRelease サーバを別々のマシンで構築し、それぞれを異なるロケーション、つまり、公開サーバを公開ネットワークに接続し、WebRelease サーバをコンテンツ管理を行うスタッフが使用するネットワーク(イントラネット)に接続してご利用いただく形態を想定させていただいています。

ですが、公開サーバと WebRelease サーバを共存させることも可能です。その場合、普通に WebRelease サーバを構築した後で、Apache に対して公開コンテンツ用の設定(VirtualHost や DocumentRoot など公開コンテンツの管理に関する設定)を加えた上で、公開ネットワークに接続していただければ、公開サーバと WebRelease が共存した状態のサーバが構築できます。

この場合 WebRelease から公開サーバへのコンテンツ転送は localhost への FTP/SFTP となりますので FTP/SFTP サーバの設定も必要です。

公開サーバと WebRelease サーバが別のサーバとして見えるようにしたい場合には、Apache の VirtualHost 機能を使うか、公開サーバと WebRelease サーバに別々の IP アドレスを割り当て、それぞれのアドレス上で個別に Apache を起動するなどの方法を採ることができるでしょう。また、最近では VSP などを使う方式でも実現可能です。

尚、セキュリティ面を考えた場合には、公開サーバと WebRelease サーバは分離していただいた方が安全ではあろうかと思います。それぞれに対して異なるポリシーでアクセス制限を加えることが可能です。また、最悪の場合でも被害の範囲を限定できる点も考慮しておく必要があります。分離できるのであれば分離していただくことをお推めいたします。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード