WebRelease 2.50C リリースのお知らせ

WebRelease 2.50C をリリースいたしました。このリリースは WebRelease 2.50B に対するバグフィックスリリースです。

2.50B 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

このバージョンでの新機能の追加はありません。

RedHat Enterprise Linux v.6 Server / CentOS 6 対応

本バージョンから RedHat Enterprise Linux v.6 Server (含 v6.1) および CentOS 6 に対応いたしました。

表記の OS へのインストールには 2.50C のインストールメディアが必要です。2.50B 以前のインストールメディアでは正しくインストールできない場合があります。

Mac OS X v10.7 対応

本バージョンから Mac OS X v10.7 に対応いたしました。また、Mac OS X v10.7 + OS X Lion Server の組み合わせについても対応いたしました。

表記の OS へのインストールには 2.50C のインストールメディアが必要です。2.50B 以前のインストールメディアでは正しくインストールできない場合があります。

OS を 10.7 にアップグレードすると、一時的に java の実行環境が失われます。OS のアップグレードが完了したら、ターミナルから下記のコマンドを実行して java の実行環境をインストールしてください。

% java -version

このコマンドを実行すると Java をインストールするかどうかを確認するダイアログが表示されますので「インストール」をクリックして java をインストールしてください。

Java 1.6.0_26 の採用

本バージョンから Java のバージョンが 1.6.0_26 にアップデートされました。これにより、以前の Java 実行環境に存在していたいくつかのセキュリティ上の脆弱性が改善されています。

WebRelease を Mac OS X 上で利用する場合、Java の実行環境には WebRelease に同梱されているものではなく、Mac OS X に同梱されているものが使われます。Mac OS X につきましても、先日、1.6.0_26 がリリースされています。

Tomcat 6.0.32 の採用

本バージョンから、WebRelease の稼働に使用されている Tomcat のバージョンが 6.0.32 にアップデートされました。

従来製品との互換性

WebRelease 2.50C は WebRelease 2.50B に対して十分な互換性を維持しています。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.50C では下記の不具合が修正されました。

[1]エラーメッセージ「ページを編集する権限がありません」が英語化されていない
識別番号 2011-1078
該当バージョン 2.50 以降
不具合の詳細

「ページを編集する権限がありません」というメッセージが表示される場合がごく稀にあるが、このメッセージが英語インターフェースで英語化されておらず、日本語のまま表示されていた。

改修方法

修正いたしました。

[2]ユーザを同時にふたり登録するとデッドロックする場合がある
識別番号 2011-1076
該当バージョン 不詳
不具合の詳細

同時に、ふたり以上のユーザを新規登録するとデッドロックする場合がある。

改修方法

修正いたしました。

[3]要素に対する「要素をデフォルトで閉じて表示」の設定が効かない場合がある
識別番号 2011-1072
該当バージョン 2.50 以降
不具合の詳細

2.4 系以前の WebRelease で作成された要素に対して、要素設定側で「デフォルトで閉じて表示」を指定しも、ページ編集画面側で対応する要素が閉じて表示されない。

改修方法

修正いたしました。

[4]同じページをふたり以上のユーザが同時に公開しようとするとデッドロックする場合がある
識別番号 2011-1071
該当バージョン 不詳
不具合の詳細

同一のページをふたり以上のユーザが、同時に公開しようとするとデッドロックする場合がある。

改修方法

修正いたしました。

[5]コンポーネントのメソッド内で生成されるパスが相対パスになってしまう
識別番号 2011-1070
該当バージョン 2.50 以降
不具合の詳細

コンポーネントのメソッド内で生成されるパスがすべて相対パスになってしまう。サイトの設定で「リンク生成方式」に「絶対パスでリンクを生成」を指定しても、コンポーネントのメソッド内で生成される部分については相対パスになってしまう。

改修方法

修正いたしました。

[6]WYSIWYG エディタのスクロールバーが消えない
識別番号 2011-1055
該当バージョン 2.40 以降
不具合の詳細

ページ編集画面の WYSIWYG エディタの表示において、編集エリアに十分な高さがあって、スクロールバーを表示する必要がない状況でも、非アクティブな WYSIWYG エディタのスクロールバーが出たままになる。

改修方法

修正いたしました。

[7]メソッド中のエラーが展開のエラーとしてレポートされてしまう
識別番号 2011-1045
該当バージョン 2.50 以降
不具合の詳細

テンプレートの展開の編集画面で、そのテンプレートが持っているいずれかのメソッドにエラーがると、そのエラーが展開のエラーとして表示されてしまう。

改修方法

修正いたしました。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード