PDCAを安価に素早く回せる=Webマーケティング基盤

PDCA  サイクルを速く回転させることができる WebRelease はサイトの改善を効率的に実施できます。

CMSを導入しても、改善の度に高額な予算や長い開発期間を要するのでは意味はありません。

WebReleaseなら、サイトリニューアルも大掛かりな再開発やコンテンツの再入力なしに、テンプレートに修正を加えるだけで実現できます。低コスト・短期間で PDCAサイクルを回し、ウェブサイトを迅速に成長させることが可能です。

このようなWebマーケティングの基盤を手にいれることは、サイトの競争力を高めるうえで大きなアドバンテージになります。

  • プランを素早く実行することができる。
  • 結果を早く得ることができる。
  • 想定外の結果により早く対処できる。
  • 予見できない変化に迅速に対応できる。
  • 短期間の方が未来を予測しやすい。

アクセスログ解析ツールは使えますか?

Googleユニバーサルアナリティクスなどの高機能ツールと組み合わせてお使いいただくことができます。

ウェブアプリやスマホアプリもトラッキングでき、 他社サイトとの比較もできるログ解析に特化した高機能ツールを使うことは、サイトの競争力を高めるうえでとても重要です。

従来の手作業による解析ツールの運用では1ページずつトラッキングコードを埋込むのに非常に手間がかかっていましたが、WebReleaseならテンプレートに記述しておくことで、すべてのページにコードが埋込まれます。

作成済みページに対して後からテンプレートを修正できますか?

はい、できます。後からテンプレートを修正すると、そのページで生成した全ページが再配信され上書きされます。数千ページ、数万ページのサイトでも、全ページをPDCAサイクルに載せて素早く回すことが可能です。

PC サイトは現状のまま、スマホサイトだけを短いサイクルで改善したい。

可能です。同じソースでPCにもスマホにも対応するレスポンシブ Web デザインと異なり、WebRelease のマルチデバイス配信では生成するソースの雛形をデバイスごとに記述することができますので、特定のデバイス向けサイトのみを改善することが容易です。

長年のノウハウが蓄積した PC 向けのサイトと、まだ過渡期にあるスマートデバイス向けのサイトでは PDCA サイクルも違って当然ですので、それに対応できるようにデバイスを分けておくと良いでしょう。

SMO (ソーシャルメディア最適化) を実践したい。

Twitter や Facebook などが公開しているスクリプトをテンプレートに記述しておけば、各ページに共有ボタンやタイムラインを自動表示させることができるので、ソーシャルメディアで情報を拡散できるよう用意するのは簡単です。

テンプレート一括変更が可能な WebRelease なら、ソーシャルメディアをモニタリングしながら、個々のコンテンツだけでなくサイト全体のデザインもすぐに変更することができます。

検証と改善を素早く繰り返すグロースハックが可能です。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード