信頼性の高いミドルウェア上で稼働

WebReleaseサーバソフトウェア構成

WebRelease は Linux や Java など、広く使われていて実績のある、信頼性の高い OS とミドルウェア上で動作します。

サポートされているオペレーティングシステムは下記のとおりです。

  • Red Hat Enterprise Linux
  • Cent OS
  • OS X / OS X Server
  • Solaris

アプリケーションサーバには Apache Software Foundation の Tomcat 6 が使われています。実行環境は Java Runtime Environment 8 が使われています。

WebRelease には自社開発のリポジトリ・エンジンが組み込まれています。稼働環境として RDBMS を準備する必要はありません。

WebRelease はマルチコア/マルチ CPU 環境での並列分散処理など、最新のサーバテクロノジに対応しています。コア数の多いハイスペックなサーバでより高い性能を発揮します。

WebRelease のインストールメディアには Java Runtime Environment や Tomcat といったミドルウェアが同梱されています。WebRelease のインストール過程では、統合インストーラが同梱ミドルウェアのインストールと設定を行ないますのでインストール作業はとても簡単です。また、インストール時もバージョンアップ時も、必要なミドルウェアと WebRelease が検証済みのセットで提供されますので、それぞれのバージョンのミスマッチなどによるトラブルが発生することはありません。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード