Version 2.60W をダウンロード[保守提供終了]

WebRelease 2.6 系の保守提供は 2018/3/31 をもちまして終了させていただきました

バージョンダウンは絶対に行なわないでください。

2.7 系以降から 2.6 系以前へのバージョンダウンは絶対に行なわないでください。

2.7 系以降で使用しているリポジトリの形状は 2.6 系以前のものとは異なるため、 2.6 系以前の WebRelease で 2.7 系のリポジトリを無理に更新操作するとリポジトリを壊す可能性があります。

  • WebRelease2 Version 2.6 系につきましては、誠に勝手ながら 2018/3/31 を持ちましてすべての保守の提供を終了させていただきました。

  • 2.6 系の最終版はバージョン 2.60W です。以降の修正版はリリースされることはありません。

  • 脆弱性などにかかわる修正版のリリースも終了させていただきました。

  • 後継バージョンにあたる 2.7 系以降へのバージョンアップをご検討いただきますようお願い申し上げます。

WebRelease のアップデート手順

アップグレード作業を開始する前にリリースノートを必ずお読みください。対応プラットフォームや対応ブラウザの変更など、重要な情報が記載されている場合があります。

リリースノートの記載内容をご理解頂いた上でお使いの WebRelease をアップデートする場合には、下記の手順に従ってアップデートを行なってください。

  1. アップデートしようとしている WebRelease に管理者権限のあるアカウントでログインします。

  2. 「システム管理」→「アップグレード」画面へ移動します。

  3. 画面に表示されている「インストールID」を下の入力欄に正確に入力してから「OK」ボタンをクリックしてください。

  4. インストールIDが認識されるとお使いの WebRelease をアップデートするためのアップデートファイルのダウンロードが始まります。ファイルを「ディスクに保存」してください。ファイルのサイズは 150 〜 400M Byte 程度です。ダウンロード完了までしばらくお待ちください。

  5. ダウンロードが完了したら、今度は、そのファイルを WebRelease にアップロードします。「アップグレード」画面の「アップデートファイルの適用」欄にある「選択」ボタンをクリックしてダウンロードしたファイルを指定します。その後、画面右上にある「アップロード」ボタンをクリックしてください。アップロードが始まります。

    アップロード完了まで時間がかかる場合があります。アップロード中は進行状況を示すパネル等は表示されません。完了までそのまましばらくお待ちください。

  6. 正常にアップロードが完了すると新バージョンに適用される「ソフトウェア使用許諾契約書」等が表示されます。諸条件に同意いただける場合は画面右上に表示されている「インストール」ボタンをクリックして新バージョンをインストールしてください。

  7. 新バージョンのインストールを開始すると WebRelease は再起動します。再起動が完了までしばらくお待ちください。

    WebRelease の再起動には時間がかかる場合があります。再起動にかかる時間は管理しているコンテンツの量とお使いのコンピュータの性能に依存します。

    再起動の過程で Proxy Error などのメッセージがブラウザの画面に表示される場合がありますが異常ではありません。

    再起動したならば WebRelease のログイン画面 (http://???/WebRelease2) にアクセスしてください。アップデートが成功している場合には、ログイン画面に表示されているバージョン番号が新バージョンのものになっているはずです。

  8. アップデートが終了したら使用済となったアップデートファイルを削除してください。このファイルには再利用性はなく、他の WebRelease のアップデートに使用したり、もう一度お使いの WebRelease のアップデートに使用したりすることができません。使途はありませんので削除してください。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード