2017年 4月 Oracle Java SE のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起

Oracle 社より、予定されていた CPU がアナウンスされました。

WebRelease につきましても多少の影響を受ける部分(CVE-2017-3511, CVE-2017-3526, CVE-2017-3533, CVE-2017-3544)があるようですので近日中に Java SE 8 u131 へのアップデートを加えたバージョンを WebRelease 2.60T / WebRelease 2.70F としてリリースいたします。しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

なお、同バージョンのリリースにともない、同時に Tomcat も8.5.14 にアップデートされる予定です。また、数件の不具合修正が行なわれます。

新バージョンリリースは、本サイト上、当社 RSS フィード、または、当社公式 Twitter アカウント @WebRelease2 経由でお知らせいたします。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード