Q&A

Workgroup Edition から Enterprise Edition へのアップグレードは再インストール ?

WebRelease 2.20 以降をお使いの場合には WebRelease Workgroup Edition から Enterprise Edition へのアップグレードにおいては WebRelease の再インストール作業は必要ありません。作成されていたコンテンツデータもそのまま引き継いでお使いいただけます。

WebRelease 2.20 以降では WebRelease Workgroup Edition から Enterprise Edition へのアップグレードは WebRelease の「ソフトウェア更新」機能で行うことが可能です。アップグレードをご購入いただいた後で「最新版をダウンロード」からアップデートファイルをダウンロードしていただくと、アップグレード後のエディションに合致した更新ファイルがダウンロードできます。ダウンロードした更新ファイルでお使いの WebRelease Workgroup Edition をアップデートしていただくことで Workgroup Edition から Enterprise Edition へのアップグレードが完了します。

WebRelease 2.1 以前には「ソフトウェア更新」の機能がありません。従って WebRelease 2.1 以前の Workgroup Edition から最新版の Enterprise Edition へのアップグレードを行う場合には WebRelease を CD から再インストールする作業が必要です。この作業はアップグレードをご購入いただいた際に、弊社パートナー各社を通じて、または弊社から直接お届けする WebRelease Enterprise Edition (WR02E) の製品パッケージ(CD)に同梱されているインストールマニュアルに従って行ってください。この場合でも、すでに作成されているコンテンツデータは引き続きご利用いただけます。

尚、Workgroup Edition と Enterprise Edition は異なるソフトウェアとして提供させていただいております。Workgroup Edition を Enterprise Edition としてアクティベートする方法はありません。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード