Q&A

WebRelease のバージョン番号はどのように決められているのですか?

WebRelease2 のバージョン番号は、以下のような形式をしています。(この例は Version 2.60A のケースです)

バージョン番号の形式
メジャーバージョン番号

大きな機能変更・機能追加が行われた場合には、このメジャーバージョン番号が更新されます。バージョン番号の違うバージョンは機能に違いがあります。また、稼働環境なども異なる場合があります。

マイナーバージョン番号

マイナーバージョン番号は 0 から採番され 9 まで更新されます。マイナーバージョン番号の違うバージョンは機能に違いがあります。大きな機能変更ではなく、比較的小さな機能追加が行われた場合には、メジャーバージョン番号ではなく、マイナーバージョン番号を更新してバージョンの違いを表現しています。マイナーバージョン番号が異なる WebRelease は稼働環境なども異なる場合があります。

Bug Fix レベル

あるバージョンの WebRelease にどこまでバグフィックスが適用されたバージョンであるかがわかる記号です。A から順にアルファベット順に設定されます。Bug Fix レベルだけが異なるバージョン間には機能の違いはありません。例えば 2.60A と 2.60B は機能面では同一です。一方、Bug Fix レベルが異なるバージョンは動作環境等が変更になっている場合があります。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード