WebRelease 2.30A リリースのお知らせ

WebRelease 2.30A をリリースいたしました。このリリースは WebRelease 2.30 に対するバグフィックスリリースです。

2.30 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

従来製品との互換性

WebRelease 2.30A は WebRelease 2.30 に対して十分な互換性を維持しています。WebRelease 2.2 系以前から 2.30A へのアップグレードの際にはストレージデータのコンバータが稼働します。詳細につきましては「WebRelease 2.30 リリースノート」の「従来製品との互換性」の項をお読みください。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.30A では下記の不具合が修正されました。

[1]FTP の設定が AUTO の場合に FTP のエラーがログに記録されない場合がある
識別番号 200801-3
該当バージョン 2.30
不具合の詳細

FTP の設定が AUTO になっている場合に FTP サーバへのログインエラーが発生したときのエラーメッセージが FTP 記録に記録されない。

[2]コンバージョン中にハングする場合がある
識別番号 200801-2
該当バージョン 2.30
不具合の詳細

コンバージョン中にハングする場合がある。コンバージョンの対象となっているストレージに含まれているサイトに、FTP 設定が AUTO になっているサイトがあり、そのサイトが XMLリーダオブジェクトを使用していて、さらに、コンバージョンを行っている途中に、外部から取り込んだ XML データに更新が発生してしまうと、コンバージョン中に FTP が稼働してしまい、それが原因でコンバージョンがハングする場合がある。
この症状に陥ってしまった場合には、下記の方法で対処してください。

1. WebRelease2.storage を待避します。
# cd ~wr2
# mv WebRelease2.storage WebRelease2.storage.bak

2. WebRelease を再起動します。OS ごと再起動します。

3. 通常の手順で WebRelease を 2.30A 以降のバージョンにアップグレードします。

4. WebRelease2.storage をもとにもどします。
# cd ~wr2
# mv WebRelease2.storage WebRelease2.storage.dust
# mv WebRelease2.storage.bak WebRelease2.storage

5. WebRelease を再起動します。OS ごと再起動します。

この手順で、WebRelease2.30A でのストレージのコンバージョンが始まります。問題は解決されているはずですので、コンバージョンの終了を待ってから WebRelease の利用を開始してください。なお、上記出順で発生した WebRelease2.storage.dust は不要なので削除していただいて結構です。

[3]マニュアル中の画像が表示されない場合がある
識別番号 200801-1
該当バージョン 2.30
不具合の詳細

Microsft Windows 上の Internet Explorer 6 以前でマニュアル中の画像が表示されない。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード