WebRelease 2.21D リリースのお知らせ

WebRelease 2.21D をリリースいたしました。WebRelease 2.21D は Mac OS X (Server) 10.5 Leopard への対応バージョンです。また、WebRelease 2.21C に対するバグフィックスリリースです。

2.21C 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

Mac OS X (Server) v10.5 Leopard に対応

WebRelease 2.21D から、サポートプラットフォームに Mac OS X (Server) v10.5 が追加されました。

WebRelease 2.21C 以前のバージョンでは Mac OS X (Server) v10.5 にインストールすることができませでしたが、WebRelease 2.21D は Mac OS X (Server) v10.5 にインストールして使うことが可能になりました。

Mac OS X (Server) v10.5 での 64bit JavaVM サポート

Mac OS X (Server) v10.5 からは EM64T 対応 Intel CPU (Xeon / Core2Duo) を塔載したマシン上で 64bit JavaVM がサポートされるようになりました。

これに合わせ WebRelease 2.21D には Mac OS X (Server) v10.5 上の 64bit JavaVM を使用するための改良が加えられています。

Mac OS X (Server) v10.4 では 64bit JavaVM がサポートされていなかったため、WebRelease の稼働 OS が同 OS である場合には、WebRelease への割り当てメモリサイズ(JavaVM のヒープサイズ)に 1.7G Byte を超える値は指定できませんでした。今回リリースされた WebRelease 2.21D では、WebRelease が稼働しているマシンが EM64T 対応の Intel CPU を搭載したマシンであり、かつ、稼働している OS が Mac OS X (Server) v10.5 (以降)である場合に、割り当てメモリサイズとして 1.7G Byte を超えるサイズを設定できるようになっています。また、そのような設定が行われている場合に WebRelease は 64bit JavaVM 上で稼働します。

64bit サポートにより、Mac OS X (Server) v10.5 上と WebRelease の組み合わせで構築された CMS 環境を、大規模なサイト (たとえば 10,000 ページを超えるサイト) の運用にも採用することができるようになりました。

従来製品との互換性

このバージョンは従来製品 (2.0x 2.1x 2.2x)と十分な互換性を維持しています。従来バージョンをご利用のお客さまは、従来製品の機能/使用感を失うことなくこのバージョン 2.21D に安全にアップグレード可能です。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.21D では下記の不具合が修正されました。

[1]Mac OS X (Server) v10.5 の Safari 3.0 で WebRelease の画面遷移に異常が生じる
識別番号 200711-001
該当バージョン 2.20 以降 2.21C まで
不具合の詳細

Mac OS X (Server) v10.5 上の Web ブラウザ Safari 3.0 から WebRelease を使用すると、画面遷移が正常に動作しない場合がある。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード