WebRelease はクラウド対応の CMS

クラウドの利用にはさまざまなメリットがあります。

  • クラウドサービスを利用すればサーバを自社で保有する必要がなくなります。サーバの選定や調達、導入作業が不要になり、インフラの保有コストを削減することができます。
  • サーバやネットワーク機器の故障対応や運用をクラウドベンダーに任せることができるので、インフラの運用コストを削減することができます。
  • クラウドであればその時点で最適なサイジングのサーバを選択して利用することができます。オーバースペックなサーバを保有する必要がなくなります。

WebRelease はクラウドでの多数の運用実績があります。DBサーバが不要で静的CMS の WebRelease は、クラウド上での運用に適しています。CPU数・コア数無制限なので、ライセンス費用を気にせずにサーバをスケールアップできます。

どのクラウドサービスがおすすめですか?

WebRelease は Amazon EC2 での動作が検証済みです。S3 や CloudFront との連携も検証済みです。

どのクラウドサービスがおすすめですか?

WebRelease と高信頼性クラウドがセットになった、 導入から運用サポートまでをワンストップで提供するサービス「BIGLOBE Pattern Style CMS」がおすすめです。

どのクラウドサービスがおすすめですか?

WebRelease は IDC Frontier のクラウド上での動作が検証済みです。

どのクラウドサービスがおすすめですか?

WebRelease は IIJ GIO のクラウド上での動作が検証済みです。

他社クラウドやオンプレミスでは運用できない?

いいえ、そのようなことはありません。動作環境の要件を満たせば問題ありません。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード