多様なサイト要件に対応できる

WebReleaseは、ウェブサイトの構造やページのデザイン、レイアウトに一切制約がありません。静的なファイルで構築可能であれば、どのようなサイトにも導入できます。「CMSの制約の中でサイトを設計する」「CMS が提供するテーマの中から選択する」というように、サイトの形を CMS に合わせる必要はありません。

自由度の高い WebRelease のテンプレート機能は、HTML以外にもさまざまなソースを生成することができます。CSSやJavaScriptはもちろん、XMLやJSONやCSV、PHPやJSP など、テキストで表現可能なコンテンツであれば、ほぼどんなものでも生成し配信することが可能です。

これにより静的サイトだけでなく、会員サイトや商品検索サイトなどの動的サイト、またウェブサイト以外にもスマートフォンやタブレット向けアプリのコンテンツ管理、デジタルサイネージやKIOSK端末へのコンテンツ配信など、多種多様なニーズに対応できます。

外部の定型データを取込み、それをページデータの一部として使用しながらコンテンツを生成するコンテンツ連携機能も備わっていますので、他システムや他データベースの既存コンテンツをサイトで再利用するといったことも可能です。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード