CMS のランニングコストを下げませんか?

ランニングコストの安い CMS で無駄な出費を削減

  • 近々、リニューアルを迎える。もっと安くて良い CMS を探している。
  • 今使っている CMS のライセンス料や保守料が高い気がする。
  • ここ数年の利用規模の拡大に伴って CMS のコストが上昇してしまった。
  • CMS 以外にも RDBMS やアプリケーションサーバなどの費用がかかっている。無停止化のコストが大きい。
  • 運用に手間がかかっている。目に見えないところでの運用コストはかなり大きい。
  • フリーソフトの CMS を導入して運用してきた。最初のころはよかったのだが、最近は、手間がかかってしかたがない気がする。もっと手間のかからない CMS に乗り換えたい。

ここらへんで CMS のリプレースを実施しておきませんか?

WebRelease の導入で問題解決

WebRelease は導入コストもランニングコストも低い本格的な Enterprise CMS

WebRelease なら.....

  • 1 ライセンスでいくつでもサイトを運営することができます。多数のサイトの運営を WebRelease に集約してもライセンス料が上昇することはありません。
  • 1 ライセンスで無制限のユーザが利用できます。利用規模を拡大しても大丈夫です。
  • サーバの CPU 数やコア数が増えてもライセンス料は変わりません。利用規模が拡大たらサーバをスケールアップすれば OK です。
  • 静的 CMS です。シンプルなシステム構成でランニングコストを抑えましょう。
  • RDBMS を使いません。この点でもランニングコストを抑えることができます。

WebRelease は実績豊富な国産 CMS

  • 出荷開始は 2000年7月に遡ります。国産では最古の歴史を持つ CMS パッケージではないかと思います。
  • 開発元は(株)フレームワークス・ソフトウェア(弊社)です。国産 CMS です。Java 製です。
  • 既に 800 社を超えるお客様にご活用いただいています。大手メーカーや金融機関、官公庁や大学など、多くのお客様にご採用いただいています
  • 発売以来、既に 60 回以上の保守と新バージョンの提供を実施してきています。
  • これまでの運用実績により 10,000 ページを超える大規模なサイトでも確実に運用管理できることが実証されています。
  • たくさんのお客様に長年にわたり使い続けていただいています。

WebRelease2 について少し調べてみませんか?

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード