1章 はじめに
  1. はじめに
  2. WebRelease の利用環境
  3. 製品のライセンスについて
2章 ユーザ管理
  1. WebRelease のユーザ管理
  2. ユーザの登録
  3. ユーザの休止
  4. ユーザの削除
  5. ログインユーザ一覧
  6. ログイン履歴
  7. ユーザ登録情報の一括処理
3章 サイトの作成
  1. サイトの作成
  2. サイト設定
  3. スタッフの登録と役割の設定
  4. スタッフごとのテンプレート設定
  5. スタッフのフォルダへのアクセス制限
  6. スタッフの承認ステップ
  7. スタッフの解任
  8. サイトリソース
  9. リソースの登録
  10. リソースの編集
  11. リソースの一括移動
  12. リソース名の一括設定
  13. リソースの一括削除
  14. リソースフォルダ
  15. 辞書の管理
  16. 外部リンクのチェック
  17. サイトのエキスポート
  18. サイトのインポート
  19. サイトの閉鎖
  20. サイトの削除
  21. サイトの操作履歴
4章 FTPの設定
  1. FTP の設定
  2. プライマリチャネルの設定
  3. FTP 記録の参照
  4. FTP の実行状況
  5. FTP 予約(定時起動)の設定
5章 テンプレート
  1. テンプレート
  2. テンプレートの作成
  3. 文書型の定義
  4. 要素のタイプ
  5. テンプレートの展開
  6. 要素参照
  7. 関数呼び出し
  8. 演算子
  9. テンプレートリソース
  10. リソース参照
  11. メソッド
  12. 拡張タグ wr-if wr-then wr-else
  13. 拡張タグ wr-switch wr-case wr-default
  14. 拡張タグ wr-conditional wr-cond
  15. 拡張タグ wr-for
  16. 拡張タグ wr-break
  17. 拡張タグ wr-variable
  18. 拡張タグ wr-append
  19. 拡張タグ wr-clear
  20. 拡張タグ wr-return
  21. 拡張タグ wr-error
  22. 拡張タグ wr-- と wr-comment
  23. WYSIWYG エディタ設定
  24. テンプレート・プロファイラ
  25. テンプレートのリビジョン
  26. テンプレートのダウンロード
  27. テンプレートのアップロード
  28. テンプレートの上書きアップロード
  29. テンプレートのフォルダ
  30. テンプレートの状態
  31. テンプレートの削除
  32. ページ作成後のテンプレート修正
  33. 入力フィールドの短縮表示
  34. 作成したページの一覧
  35. テンプレートを利用可能なスタッフの設定
  36. テンプレートの操作履歴
  37. テンプレートを参照している目次の一覧
  38. テンプレートの検索
6章 コンポーネント
  1. コンポーネント
  2. コンポーネントの使用例
  3. コンポーネントとセレクタ
7章 ページの作成
  1. ページの作成の手順
  2. ページのプレビュー
  3. 実機でのプレビュー
  4. ページの状態
  5. ページの編集と編集完了
  6. ページリソース
  7. リソースの登録
  8. リソースの編集
  9. リソースの一括移動
  10. リソースの一括削除
  11. リソースフォルダ
  12. ページの公開と公開終了
  13. ページの削除
  14. ページのリビジョン管理
  15. リンク元一覧
  16. ページ内の外部リンク一覧
  17. ページの公開状況
  18. スケジュール一覧
  19. フォルダ
  20. バージョニングフォルダ
  21. ページの一括処理
  22. 一括ページ登録
  23. html と関連リソースの zip 取り込み
  24. WYSIWYG エディタの使い方
  25. Markdown の使い方
  26. ページの操作履歴
  27. コンテンツ中の語句のチェック
  28. ページの検索
8章 マルチデバイス配信
  1. 多チャネル化
  2. チャネル別コンテンツの生成
  3. チャネル選択機能
9章 承認プロセスの設定
  1. 承認ステップの定義
  2. 承認プロセスの定義
  3. 承認プロセスをフォルダに関連付ける
10章 承認プロセスによる公開管理
  1. ページの公開承認依頼
  2. 承認と差戻
  3. 承認プロセスとページの公開終了
  4. 承認依頼フォルダ
  5. 一括承認依頼
  6. 一括承認
  7. 緊急対応としてのページの公開と公開終了
  8. 承認依頼の削除
  9. 進行中の承認依頼の管理
11章 その他の機能
  1. ダッシュボード
  2. 英語インタフェース
  3. タイムゾーンの指定
12章 システムの運用管理
  1. WebRelease の停止と起動
  2. データのバックアップ
  3. メモリ設定
  4. メールサーバの設定
  5. Proxy サーバの設定
  6. その他のシステム設定
  7. 証明書のインポート
  8. ストレージの管理
  9. 操作履歴
  10. ログファイルのダウンロード
  11. WebRelease のバージョンアップ
  12. ライセンスのアップグレード
  13. 期間ライセンスコードの更新
  14. WebRelease の Uninstall
13章 索引
  1. 関数索引
  2. オブジェクト索引
14章 Appendix
  1. サポートされているタイムゾーン
  2. プレビュー時の URL 書き換え機能
  3. 正規表現
  4. 要素名・リソース名・変数名・メソッド名

jstr

jstr() 関数は、任意の文字列を javascript の文法に沿った文字列に変換します。この関数を使えば、任意の文字列を安全に json などに組み込むことができるようになります。

書式

jstr(文字列 [, オプション])
文字列:

javascript の文字列に変換したい文字列を与えます。

オプション:

変換方法についてのオプションを指定します。オプションは省略可能です。その場合 "" が指定されたものとなり s d u のいずれも指定されていない動作となります。

指定文字 意味 備考
s 結果の文字列全体をシングルクオートで囲みます。 abc は 'abc' になります。
d 結果の文字列全体をシングルクオートで囲みます。 abc は "abc" になります。
u 0xff を超える文字を unicode escape します。 例えば、文字の値が 0x1234 の場合 \u1234 として結果の文字列に組み込まれます。

補足説明

与えられた文字列中の文字は以下のルールに従って変換されます。

文字コード通称変換結果
\x08バックスペース\b
\x09タブ\t
\x0a改行\n
\x0b垂直タブ\v
\x0c改ページ\f
\x0d復帰\r
\x22" (ダブルクオート)\"
\x27' (シングルクオート)\'
\x5c\ (バックスラッシュ)\\
\x00 - \x20上記以外の制御文字\xhh (hh は文字コードの 16進表現)
\xff 以上の文字u オプションが on の場合のみ変換対象
\uhhhh (hhhh は文字コードの 16進表現)
それ以外の文字無変換でそのまま結果文字列に組み込まれる

利用例 #1

文字列「abcあいうえお"'\xyz」を jstr() 関数で javascript の文字列に変換してみます。オプションに d を指定していますので、結果の文字列全体が " (ダブルクオート) で囲まれた状態で生成されます。

<script>
var str = %jstr("abcあいうえお\"'\xyz", "d")% ;
confirm(str) ;
</script>

実行結果は下記の通りとなります。

<script>
var str = "abcあいうえお\"\'\\xyz" ;
confirm(str) ;
</script>

利用例 #2

文字列「abcあいうえお"'\xyz」を jstr() 関数で javascript の文字列に変換してみます。オプションに s を指定していますので、結果の文字列全体が ' (シングルクオート) で囲まれた状態で生成されます。

<script>
var str = %jstr("abcあいうえお\"'\xyz", "s")% ;
confirm(str) ;
</script

実行結果は下記の通りとなります。

<script>
var str = 'abcあいうえお\"\'\\xyz' ;
confirm(str) ;
</script>

利用例 #3

文字列 abcあいうえお"'\xyz を jstr() 関数で javascript の文字列に変換してみます。オプションに u を指定していますので、文字列中の日本語部分「あいうえお」の部分が \u エスケープされます。オプションに d も指定していますので、結果の文字列全体が " (ダブルクオート) で囲まれた状態で生成されます。

<script>
var str = %jstr("abcあいうえお\"'\xyz", "ud")% ;
confirm(str) ;
</script>

実行結果は下記の通りとなります。

<script>
var str = "abc\u3042\u3044\u3046\u3048\u304a\"\'\\xyz" ;
confirm(str) ;
</script>