WebRelease 2.70Fリリースのお知らせ

WebRelease 2.70F をリリースいたしました。このリリースは WebRelease 2.70E に対するバグフィックスリリースです。

2.70E 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

このバージョンでの新機能の追加はありません。

Java をアップデート

2.70F では Java Runtime Environment が Java SE 8u131 にアップデートされています。このアップデートにより、安定性、安全性が改善されています。

Tomcat をアップデート

2.70F では Tomcat が 8.5.14 にアップデートされています。このアップデートにより、安定性、安全性が改善されています。

Red Hat Enterprise Linux 5 / CentOS 5 のサポート終了

Red Hat Enterprise Linux 5 及びその派生ディストリビューションである CentOS 5 は 2017/3/31 を期限に End of Production Phase を迎えました。それにともないまして WebRelease につきましても両 OS のサポートを終了させていただきます。今回リリースの 2.60T と 2.70F からは RHEL 5 と CentOS 5 はサポート対象プラットフォームではなくなります。

WebRelease は既に RHEL 6 / RHEL 7 / CentOS 6 / CentOS 7 に対応しています。RHEL 5 / CentOS 5 をご利用のお客様は、セキュリティー対策やバグフィックスが安定して提供される、より新しい OS への移行をお願いいたします。

従来製品との互換性

WebRelease 2.70F は WebRelease 2.70E に対して十分な互換性を維持しています。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.70F では下記の不具合が修正されました。

[1]公開サーバ上のディレクトリのモードが 755 以下に固定されている
識別番号 2385
該当バージョン 2.70E 以前
不具合の詳細

公開サーバへのコンテンツのアップロードに SFTP を使用している場合、公開サーバ上に作成されるディレクトリのモードが 755 (wrxr-xr-x) 以下に固定されてしまう。SFTP の接続に使っているアカウントの umask を調整したり /etc/sshd/sshd_config を調整して 775 (rwxrwxr-x) などのディレクトリを作成しようとしてもできない。

改修方法

修正いたしました。

[2]FTP が繰り返し実行されてしまう
識別番号 2374
該当バージョン 2.70E 以前
不具合の詳細

以下の条件が成立している場合に Auto 設定の FTP が繰り返し実行されてしまう。

  1. XMLリーダ型の要素が定義されたテンプレートを使って作成されたページがあり XMLリーダ要素の URL には URL が記入されていている。
  2. FTP 実行時にはその URL への GET が発生しない。例えば wr-if などの条件によって実際にその URL に GET が発生しない状態にある。
FTP記録には記録が残らないので気づかない場合がある。

改修方法

修正いたしました。

[3]ページ検索でXMLリーダ要素が検索できない
識別番号 2369
該当バージョン 2.70 以降
不具合の詳細

ページ検索で、XMLリーダ型の要素の URL 欄に入力された URL で検索ができない。また、XML リーダ型の要素に指定されているインターバルでの検索もできない。マッチするページがあっても検索結果に掲載されない。

改修方法

修正いたしました。

[4]不必要にパスワードの再設定を要求されることがある
識別番号 2354
該当バージョン 2.70 以降
不具合の詳細

プレビュー URL をブラウザのアドレスバーに入力して直接ページのプレビューを行なう場合、プレビュー表示前に一旦 WebRelease のログイン画面が表示される。そこで ID とパスワードを提示して WebRelease へのログインに成功するとプレビューが表示される。ログインに成功してプレビューが表示された後、再度、プレビュー URL をブラウザのアドレスバーに入力してプレビューしようとすると、パスワード再設定を要求する画面が表示されてしまう。
この問題は、ユーザが使用しているパスワードの長さが WebRelease が要求しているパスワード最短文字数よりも長いが、その文字種(記号、数字など)が WebRelease が要求している文字種を十分に含んでいない場合に発生する。パスワードに文字種に制限を加えていない場合には発生しない。

改修方法

修正いたしました。

[5]誤った操作履歴が記録される
識別番号 2351
該当バージョン 2.70E 以前
不具合の詳細

運用中にメモリの残量が切迫し「メモリ不足警告メール」が発送された時に、操作履歴に「メモリ監視機能の設定を変更」という履歴が記録されてしまう。

改修方法

修正いたしました。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード