WebRelease 2.75M リリースのお知らせ

WebRelease 2.75M をリリースいたしました。このリリースは WebRelease 2.75L に対するバグフィックスリリースです。

2.75L 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

Tomcat をアップデート

2.75M では Tomcat が 8.5.68 にアップデートされています。このアップデートにより、安定性、安全性が改善されています。

従来製品との互換性

WebRelease 2.75M は WebRelease 2.75L に対して十分な互換性を維持しています。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.75M では下記の不具合が修正されました。

[1]FTP 実行時に NullPointerException が起きる場合がある
識別番号 2985
該当バージョン 2.75L 以前
不具合の詳細

FTP 実行中に NullPointerException が発生し、FTP が正常に終了しない場合がある。
この問題は、コンテンツのアップロード先に AWS S3 を指定していて、かつ、アップロードの並列数を 2 以上に設定している場合に発生することがある。発生頻度は低く、FTP の再実行で解決する。

改修方法

修正いたしました。

[2]システム設定関連の設定変更が操作履歴に残らない場合がある
識別番号 2935
該当バージョン 2.75L 以前
不具合の詳細

「システム管理」の「設定」画面で以下の項目の設定変更を行っても操作履歴に変更を行った記録が残らない。

  • 通知メールアドレスの設定変更
  • 通知メールの言語設定の変更
  • オプションの設定変更

改修方法

修正いたしました。

[3]ページリソースが公開サーバ上で削除されない場合がある
識別番号 2925
該当バージョン 2.75L 以前
不具合の詳細

以下の手順を実行すると、公開サーバから削除されるべきページリソースが削除されずに残ってしまう。

  1. ページ A を作成して公開する。このページはページリソースを持っている。
  2. ページ A の新リビジョンを作成してそのページリソース a を削除する。
  3. 作成したページ A の新リビジョンを、公開開始指定時刻に未来を指定して公開する。
  4. 指定時刻が到来した時にページAの新リビジョンが公開されるが、その時に削除されるべきページリソース a が削除されない。

改修方法

修正いたしました。

[4]ページリソースが公開されない場合がある
識別番号 2920
該当バージョン 2.75L 以前
不具合の詳細

以下の操作手順を行うと、アップロードされなければならないページリソースがアップロードされない。

  1. ページAを作成する。ページAはページリソースを持っている。
  2. ページAを公開する。
  3. ページAを修正して公開終了指定時刻を過去に設定し、公開する。ページAは公開終了になる。ページAのページリソースも公開サーバから削除される。
  4. 公開終了になったページAで新規リビジョンを作成し公開終了指定時刻をクリアして、または、未来に設定して公開する。
  5. ページAの html 部分は公開されるが、ページAのページリソースが公開されない。

改修方法

修正いたしました。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード