WebRelease 2.75L リリースのお知らせ

WebRelease 2.75L をリリースいたしました。このリリースは WebRelease 2.75K に対するメンテナンスリリースです。

2.75K 以前のバージョンをお使いのお客様はこのバージョンへのアップデートをお願いいたします。

Java をアップデート

2.75L では OpenJDK Amazon Corretto 8 が 1.8.0_292 にアップデートされています。このアップデートにより、安定性、安全性が改善されています。なお、このアップデートには脆弱性対応が含まれています。なるべく早い段階で 2.75L へのバージョンアップをお願いいたします。

Tomcat をアップデート

2.75L では Tomcat が 8.5.65 にアップデートされています。このアップデートにより、安定性、安全性が改善されています。

従来製品との互換性

WebRelease 2.75L は WebRelease 2.75K に対して十分な互換性を維持しています。

このバージョンで修正された不具合

WebRelease 2.75L では下記の不具合が修正されました。

[1]ページリソースの登録に失敗する場合がある
識別番号 2876
該当バージョン 2.75K 以前
不具合の詳細

ページリソースを登録しようとすると白い画面が表示されてしまう。以下の手順の操作で発生する。

  1. ページを作る。Rev. 1 ができる。Rev. 1 はページリソースを持っていないことが条件。
  2. Rev. 1 を公開する。
  3. Rev. 1 から 「新規リビジョン」ボタンで Rev. 2 を作る。Rev. 2 もページリソースを持っていないことが条件。
  4. Rev. 2 を公開する。この時点で Rev. 1 は公開終了になる。
  5. 公開中の Rev. 2 に最初のページリソースをアップロードする。このタイミングでエラーが発生し、ページへのリソースの登録ができない。なお、Rev. 2 にページリソースをアップロードする以外の修正を加えて、一旦「編集中」の状態を作ってからページリソースをアップロードする場合には問題は発生しない。
一旦発生してしまうと WebRelease を再起動するまでそのページにはページリソースの登録ができない。

改修方法

修正いたしました。

[2] macOS Safari 14 でサイトインポート時のプログレス画面が表示されない
識別番号 2836
該当バージョン 2.75K 以前
不具合の詳細

macOS 上の Safari 14 を使用してサイトをインポートしようとすると、インポートの進捗状況を表示するプログレス画面が表示されない。インポートの動作自体は正常に機能している。

改修方法

修正いたしました。

[3]新規リビジョンが同時にふたつできてしまう
識別番号 2814
該当バージョン 2.75K 以前
不具合の詳細

ページ編集が面の「新規リビジョン」ボタンをクリックすると、1回のクリックで新しいリビジョンがふたつできてしまう場合がある。一方が編集中の状態になり、もう一方は、作業コピーの状態になる。この症状は以下の状況で発生する。

  • 要素をひとつも持たないテンプレートから作成されたページで、ページのタイトルなどを変更した状態で「新規リビジョン」をクリックした。
  • 目次要素しか持たないテンプレートから作成されたページで、ページのタイトルなどを変更した状態で「新規リビジョン」をクリックした。
  • コンポーネント要素だけを持つテンプレートで、かつ、そのコンポーネント要素にコンポーネントが指定されていないテンプレートから作成されたページで、ページのタイトルなどを変更した状態で「新規リビジョン」をクリックした。
  • Link を持つテンプレートから作成されたページで、Link の指定を変更した状態で「新規リビジョン」をクリックした。
いずれのケースも、その時点で公開中のページへの操作で発生する。

改修方法

不要なリビジョンが生成されないよう、修正いたしました。

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求

WebRelease2 の最新カタログと関連資料をお送りいたします。お気軽にご請求ください。

資料ダウンロード